• 遺品整理士協会より認定
    • 0120-176-646
    • メールはこちら

孤独死により階下まで汚染された特殊清掃現場(東京都世田谷区)

代表facebook
作業実績
VISA Master AMERICANEXPRESS
  • 遺品整理協会より
    優良事業所としての
    認定を頂きました

  • 日本除菌脱臭サービス
    協会より脱臭マイスター
    資格検定を頂きました

  • 遺品整理士認定協会より
    認定を受けた遺品
    整理士が在籍しています

  • 遺品整理相談窓口協同
    組合より遺品供養士
    コンシェルジュの認定を
    頂きました

  • 遺品整理士認定協会より
    感謝状を頂きました

孤独死により階下まで汚染された特殊清掃現場(東京都世田谷区)

今回は東京都世田谷区のマンション3階の住まいにて孤独死されて、死後7日で発見された特殊清掃の見積依頼です。
ご依頼者様は故人の実兄となりインターネットでMINDのホームページを探していただき、電話口でヒアリングさせていただいた様子から判断して、早急に見積させていただきました。
見積の際に「50代後半の弟が風呂場の前の洗面脱衣室で心筋梗塞で亡くなった。」とのご報告を受けました。

実は他の特殊清掃業者が、フローリング上の汚染箇所を洗浄および消臭除菌したようですが、私が現場へ足を運ぶと臭い(死臭)が玄関前まで漂っておりました。

フローリング汚染

洗面脱衣室を見渡すと、床上しか特殊清掃されていないように見えます。しかも今回の汚染箇所の洗濯パンの前に床下点検口もあり、ここから容易に床下を点検できる構造です。
もちろんこの場では、点検口を開けて床下を確認します。

床下の汚染を発見

すると、床下には「血液」と「体液」が容易に確認できます。
これでは、臭い(死臭)が発生している訳です。

ニオイが発生している原因追求では、階下の汚染確認も必ず行う

ここでようやく、この特殊清掃現場の見積書を作成できます。
床下を懐中電灯で良く見渡すと、汚染箇所が広範囲であることが分かりました。
そのため、結論として「床の解体」「床下の特殊清掃」「床下の防臭処理」「クロス剥がし」「クロス貼り替え」「フローリング貼り替え」など、リフォーム作業も一緒にご提案させていただきました。

さらに、今回の現場はマンション3階のため階下にも汚染が広がっていることも考えられ、同時に真下の2階の住まいも確認させていただくことを、ご依頼者様にご理解いただきました。

特殊清掃の作業経験が豊富なスタッフでしたら、今回のように床下まで汚染された場合で、2階以上の住まいの場合、必ず階下(真下)の住まいまで汚染されていないのか?
不動産会社の依頼であっても、ご遺族様の依頼であっても、どなた様の依頼であっても必ず確認しております。

実は特殊清掃に関して作業経験が少ない場合や、死臭に関して消臭技術が低い特殊清掃業者では、(真下の)階下まで汚染を確認しない傾向にあります。

残念ながら階下まで孤独死の汚染は広がっていた!!

階下の住民はセカンドハウスとして活用していた為しばらく留守にしておりましたが、管理会社を通じて3階(真上)の住まいで孤独死が発生した状況説明をしていただき、立会していただき室内を見せていただきました。
すると、残念ながら階下(2階の住まい)のクロスに体液と血液が流れており、壁面の一部へ汚染は広がっておりました。

<img src=

そのためMINDのスタッフが間に入って、孤独死が発生した現場の3階のご遺族様(今回の作業のご依頼者様)と階下(真下)の住民と話し合い、今回の作業のご依頼者様が全て現状回復費用を負担することで、ご理解していただきました。

まずは3階、孤独死現場の特殊清掃からスタートします!!

洗面脱衣室のフローリング全面を剥がす為、床下点検口のアルミ枠から外しました。

床下点検口付近の解体

洗面脱衣室のフローリング全面を徐々に剥がしていきます。

フローリング剥がし

洗面脱衣室の床下に多くの配管が見受けられるのは、以前の風呂場のリフォームの際に不必要な古い配管をそのまま残した為です。

床下の配管

床下の体液と血液の清掃を行います。

床下の特殊清掃

とりあえず血液と体液の特殊清掃が終わりました。

床下の特殊清掃終了

複合型二酸化塩素を洗面脱衣室へ散布しました。その上、脱臭応援隊Wをコンクリート床へ散布して、オゾン燻蒸を行いました。

オゾン燻蒸

ここから階下、2階の住まいも現状回復工事に入ります

まずクロス(壁紙)を剥がして、石膏ボードの汚染具合を確認します。

階下のクロス剥がし

ここで紙やすり80番にあて板を付けて、石膏ボードの汚染箇所を削っていきます。

石膏ボードを削る

次に削れた石膏ボードの上に、パテを盛っていきます。

石膏ボードにパテ盛る

紙やすりにあて板(平らな木の板でよい)を付けて、石膏ボードの上に盛られたパテを削って平らにしていきます。

石膏ボードのパテ削り

壁一面ですが、防臭に適したやや厚みのあるビニールクロスへ張り替えしました。

クロス貼り替え

これで階下(2階の住まい)の現状回復工事は終了です。

Before

階下の壁まで汚染が到達

After

クロス貼り替え

3階の孤独死現場の作業も現状回復工事に入ります

オゾン脱臭機を回収後に、床下コンクリートへ防臭剤を塗布しました。
そしてフローリングだった床がクッションフロアへ張り替えました。もちろんクロスも全面、張り替えしました。

洗面脱衣室1

洗面脱衣室2

洗面脱衣室3

Before

フローリング汚染

After

洗面脱衣室1

孤独死により階下まで汚染された特殊清掃現場(東京都世田谷区)の作業料金

参考までに、作業料金をお知らせいたします。

作業人件費(1名20,000円) 40,000円(2名)
オゾン脱臭作業(3日間) 50,000円
消毒剤の散布(複合型二酸化塩素) 10,000円(1式)
特殊清掃(床下) 30,000円
床解体(廃材処理含む) 15,000円(1式)
床下防臭剤下地塗布 10,000円(1式)
特殊清掃代小計 155,000円
現状回復工事(一式) 578,000円
合計 733,000円
消費税(8%) 58,640円
ご集金総額 791,640円

世田谷区

東京都世田谷区の総人口と高齢者割合

東京都世田谷区は東京都の特別区の1つで、東京23区の西南端に位置する自治体にあたります。
面積が58.049 km²、総人口は892,535人、そのうち男性が424,219人、女性が468,316人。世帯数が467,605世帯、65歳以上の高齢者人口は180,009人、高齢化率は約20%、人口密度は東京都23区中13位です。

東京都23区の孤立死と東京都世田谷区の孤立死の統計

孤立死を把握する全国的な調査はありません。しかし、公衆衛生上の検視を中心的に担っている東京都監察医務院は孤立死を、「異状死の内、自宅で死亡した一人暮らしの人」と定義して、孤立死数を把握しております。

年数 東京23区の孤立死 世田谷区の孤立死
平成15年 1,441人 100人
平成16年 1,650人 112人
平成17年 1,837人 122人
平成18年 1,869人 130人
平成19年 2,341人 157人
平成20年 2,205人 156人
平成21年 2,189人 141人
平成22年 2,908人 190人
平成23年 2,613人 164人
平成24年 2,727人 185人

東京都世田谷区のイメージ

南には多摩川を挟んで神奈川県川崎市、北には東京都杉並区、東には東京都目黒区、西には東京都調布市に囲まれており、成城・等々力・深沢などの高級住宅街も多く、一般的にセレブの街と言う印象が強くあります。立地上、渋谷へ行く利便性が良い街です。
住むうえで治安は悪くありませんが、お金持ちが多い為に空き巣やひったくりが比較的多いのが特徴です。

最後に

東京都世田谷区の特殊清掃の事はご相談・無料見積りならマインドカンパニーへ御用命下さいませ。

遺品が見つかることに重きを置く遺品整理をしています
メールでのお問い合わせ24時刊受付中
PAGE TOP