遺品整理・特殊清掃マインド(東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・茨城・栃木)を中心に全国対応。

    • 遺品整理士協会より認定
    • 0120-176-646
    • メールはこちら

「親の住んでいた場所にゴミなんてひとつもない。」
つい最近まで親の住んでいた場所をゴミと考えるのか、大切な思い出が多いと考えるのかは
遺品整理業者にとっての気持ちで1番重要な事です。お客様がくまなくチェックした後で
全ていらないと言われても、見落としが必ずあります。その見落としの1つが
思い出の品だったり、残された遺族に対する金銭や通帳だったりします。故人の最後の
引っ越しをするという事は、責任を持たなければいけません。写真一枚でも出てきたら
どうしますかと確認をさせて頂きます。親や、兄弟、かけがえのない大切な家族の
遺品整理をするような気持ちになっていつも真剣に取り組んでいます。

“全部確認して依頼したけど、まだ必要な物が見つかった”それが丁寧な遺品整理です。
見逃しは絶対にしてはいけません。故人からのメッセージを探し、故人が残した
生きた証をご遺族様へ取りこぼしなく伝えます。作業速度を落としても1つ1つの
遺品を入念に確認していく、それが私の遺品整理のモットーです。

マインドカンパニーでは物量に合わせて料金を設定をしていますので、通常の作業でお見積もり以上の追加料金は発生
致しません。お見積もり金額は現地へお伺いし家財の量と作業環境を考慮して、その場で30分程度で提示をさせて頂きます。

間取り 作業人数 合計金額
1R 2m³~10m³ 35,000円(税別)~
1DK 2m³~12m³ 55,000円(税別)~
1LDK・2DK 3m³~20m³ 70,000円(税別)~
2LDK・3DK 5m³~35m³ 110,000円(税別)~
3LDK・4DK 8m³~50m³ 140,000円(税別)~
4LDK・5DK 10m³~70m³ 170,000円(税別)~

m³とは体積の単位です。1m³は、縦・横・
奥行きが1mの立方体の体積を指し、当社では
1m³辺りの遺品の量でお見積もりをしています。

お見積もり、仕分け、貴重品探し、想い出探し、梱包、
搬出、リサイクル、清掃、車両費用、廃棄、供養、
ご相談対応、の費用が含まれています。
※オプション代は別途料金となります。

東京都、神奈川県
千葉県、埼玉県
茨城県、栃木県、群馬県

関東全域に対応しています。

※特殊清掃も行っております。事件現場などにも対応できる
経験と実績も重ねており遺品整理と合わせて行う事も可能です。

実例から作業内容と金額の内訳をご覧頂けます
    • 1K
    • 叔父の想い出の写真や手紙を見つけ出して欲しい

    • 遺品整理
    • ・遺品整理(ルームクリーニング込) :505,440円
    • ・家財一式の買取:-6,000円
    • ・その他買取:-49,440円
    • ・発見したもの:貴重品、写真

    合計金額450,000

    ご依頼主様は故人様の甥で、貴重品の他に「想い出の写真や手紙」などの捜索も望まれておりました。 1つ1つの遺品を確認し、すべての貴重品と捜索のご依頼を受けた遺品を無事に発見できました。

    • 1K
    • 若くして他界された故人様の遺品整理

    • 遺品整理
    • ・遺品整理(ルームクリーニング込)
      :194,400円
    • ・家財一式の買取:-3,000円
    • ・その他買取:-21,400円
    • ・発見したもの:貴重品、切手

    合計金額170,000

    故人様は残念ながらまだ30代という若さで病死で他界されたそうです。全ての遺品を目視しながら丁寧に捜索を行いました。 貴重品やマニアが喜びそうな切手等が見つかりご遺族様にお渡し、喜んで頂きました。

私は、遺品整理という仕事の満足度は100%でなければならないと考えています。お客様へ満足度100%を届ける為、
自分の強い遺品整理への想いを伝えるべく多くの活動を行ってきました。

悪質業者に騙されないために 遺品整理を業者へ依頼する際の、「優良業者を見分けるコツ」、「悪質業者に
騙されない為の心構え」を、私、鷹田が第三者的な視点から解説しています。
皆様の心のご負担が少しでも楽になるようなお手伝いができれば、そして
遺品整理・特殊清掃業者選びの指針になれば幸いです。

遺品が見つかることに重きを置く遺品整理をしています
メールでのお問い合わせ24時刊受付中
代表facebook
作業実績
VISA Master AMERICANEXPRESS
  • 遺品整理協会より
    優良事業所としての
    認定を頂きました

  • 日本除菌脱臭サービス
    協会より脱臭マイスター
    資格検定を頂きました

  • 遺品整理士認定協会より
    認定を受けた遺品
    整理士が在籍しています

  • 遺品整理相談窓口協同
    組合より遺品供養士
    コンシェルジュの認定を
    頂きました

  • 遺品整理士認定協会より
    感謝状を頂きました

“全部確認して依頼したけど、まだ必要なものが見つかった。”それが丁寧な遺品整理です。
見逃しは絶対にしてはいけません。ゴミと思うのか、思い出と思うのか、価値としてみるのか、
考え方ひとつで遺品整理に対する思い入れが変わってきます。作業速度を落としても1つ1つの
遺品を入念に確認する、それが私の遺品整理のモットーです。

知識・技術、多くの事を身に付けなければ、ご遺族様へ満足度100%の遺品整理を届ける事は
出来ません。ご遺族様のご負担を減らし寄り添ったサービスが出来るよう、
遺品整理をどこまでやれるか日々、学び続けています。

遺品の整理を行う事だけが『遺品整理』ではありません。廃棄物の取り扱いやリサイクルに
ついての法規制など、正しい知識を知り実務として行動していく事がとても大切です。より質の
高い遺品整理を行うために遺品整理に関する資格・認定は積極的に取得しております。

  • 遺品整理士
  • 事件現場特殊清掃士

・事件現場特殊清掃士 地区統括会員
・遺品整理士 地区統括会員
・脱臭マイスター資格認定証 取得

遺品整理ネクスト責任者、遺品整理ロード専務取締役を
務めさせて頂くなど大手遺品整理会社にも在籍をして
多くのご遺族様、様々な遺品整理の現場と向き合って
きました。その経験を活かし状況に応じた適切な対応と
ご遺族様へ最良のご提案が出来るよう努めています。

ご遺族様へのアドバイスが出来るだけでなく、実際の
遺品整理の作業では相続に対する理解があるのと無いのでは、
重要な物の選択の見極めが変わってきます。遺書に関して、
相続についての法律の事など、ご遺族様は勿論、士業の方
からのご依頼にも応えられるよう多くの知識を吸収しています。

事件現場や事故現場にも対応できる特殊清掃の経験と実績も重ねております。
自身の持っている知識や経験の全てを込めて、ご遺族様に代わり故人様の最後と向き合います。

  • 孤独死などの現場では時間の経過と共に
    遺体の損傷が激しくなり一般的な清掃では
    対応が出来ません。私は凄惨な状態の
    現場も数多く経験し、実績を重ねて
    います。徹底した消臭法や、原状回復の
    為の専門的な知識等の学びも怠りません。

  • お見積した直後から
    特殊清掃が対応可能な
    ように機材や資材を用意
    した体制を、常に整えて
    おります。

  • 遺品整理も特殊清掃も
    必要な場合、ご家族が
    してあげたかった分まで
    私が受け止め最後まで
    責任を持って行います。

特殊清掃を依頼しなければならないような状況で、ご家族が
現実と向き合うのは、とても困難な事です。
お困りの事がありましたら何でも私、鷹田へご相談下さい。胸が
張り裂けそうな思いをされているご遺族様の解決のお手伝いをさせて頂きます。

つい最近まで故人がいた場所にある『まだまだ使える物』、こういった遺品を処分する事に抵抗を
感じるご遺族様も多いです。リサイクル・リユースを行う事でご遺族様の心の平安が保たれ、実際に
使いたい人に使われたり、資源として再利用をする事で多くの遺品が息を吹き返します。

  • 製品を再資源化し、新たな製品の原料と
    して再利用します。
    例:古紙・段ボール・アルミ缶など

  • リユースとは一度使用された製品を
    そのままの形で再び使う事を指します。
    例:家電・ブランド品・衣類など

中には日本では受け入れられない製品もあるのですが
出来る限り遺品を処分したくないという想いから、
海外(カンボジア・フィリピンなど)でルートを
確保し可能な限り再利用できる仕組みを作っています。

日本のリサイクルショップなどでは受け入れ不可の家具(箪笥や食器棚)、衣類など

より多くの遺品を活かすため、引取の可能な遺品については買取を行いご遺族様へ還元しています。
その場合は買取り金額をお見積り金額から差し引いた額をご請求金額とさせて頂いています。

  • 三菱製2ドア冷蔵庫

    5,000円

  • YAMAHAピアノ W102B

    40,000円

買取可能な遺品であっても、ご家族に
とって手放したくない大切なもので
ある場合もございます。買取の際は
必ず確認をさせて頂いています。

ブランド品(家具やバック)、時計などの貴金属、骨董などの美術品、
芝刈り機などの電動工具

家族がする遺品整理が一番素晴らしいと考えます。しかし、家族は忙しく
遺品整理をする事が難しい、だとしたら、私自身が故人の息子の様にする、
それが『遺品整理』です。そもそも、家に上がる人というは知っている人のみで
知らない人が上がる事はありません。遺品整理業者だから特別に
認められた空間を任されているのです。このような特別な空間を任される以上
自然と私自身が故人の息子のような、兄弟のような気持ちになり、責任の
大きさにいつも身が引き締まります。

遺品が見つかることに重きを置く遺品整理をしています
メールでのお問い合わせ24時刊受付中
PAGE TOP